代表的な農産食品

キウイフルーツ

ヨーロッパでは、キウイフルーツの栽培は、中国に次いで世界第2位の生産国となっているイタリアに主として集中しています。

キウイフルーツは、すべての大陸に送られており、ヨーロッパで最も輸出量が多い果実となっています。

イタリアでの栽培は1970年代に急速に伸びました。

イタリアは、キウイフルーツの卓越した品質レベルを実現するのに適した環境条件を備えていたのです。

栽培に最適な土壌、ヨーロッパの規格に準拠する生産技術により、ウエルネスと健康にあふれ、品質の良いキウイフルーツが栽培されます。

ヨーロッパ産のキウイフルーツの生産時期は11月から5月にかけての時期です。

キウイフルーツは、果肉が緑色または黄色の2種類の品種から選ぶことができます。

オレンジ

ヨーロッパでは、主として地中海地方で栽培されており、特にイタリアとスペインでは健康とウエルネスの象徴となっています。

最も重要で他に見られない品種として、シチリア産レッドオレンジがあります。このオレンジは、何百年もの伝統を守って栽培されるとともに、枝の仕立て方、土壌の耕し方、剪定の点で最新の農学的技術が適用されており、日照の確保、特別な栽培上の配慮を加えて、最高レベルの品質を持つ果実を実現しています。栽培には、環境と人間の健康を大切にするために総合的病害虫管理が取り入れられています。

赤い果肉を特徴とする栽培品種には、タロッコ(Tarocco)、モーロ(Moro)、サングイネッロ(Sanguinello)があり、すべて味、風味、滋養の点で卓越した要件を満足させています。

シチリア産レッドオレンジは、EUでIGP認証を受けており、栽培地となっているエトナ火山の麓の太陽、火、力、熱を総合する、シチリアという地域を特定しています。

ナシ

ヨーロッパでのナシの栽培は、卓越した品質を持つナシの生産のための理想的条件が存在するイタリアに集中しています。

この卓越した品質は、欧州連合によって、生産物と原産地の強い絆を明白にする地理的表示保護(IGP)という形で認証されています。

特にイタリアを中心とするヨーロッパの栽培で最も特徴的な品種は、アバーテ・フェーテル(Abate Fetel)であり、ナシの女王の異名を持ちます。この品種は果実の甘さと果汁の豊かさが特徴です。

他の品種としては、赤茶けた皮を持ち、とろけるような果肉を持つカイザー(Kaiser)、白または赤の皮を持ち、アロマたっぷりのウィリアム(William)、フレッシュで香りの良いデカノ・デル・コミツィオ(Decana del Comizio)、甘く歯ごたえのあるコンフェランス(Conference)があります。

ナシは、9月から4月にかけて市場に出回ります。

農産加工品

生鮮野菜の加工品

生鮮野菜の加工品は、地中海の伝統的生産物の一つであり、イタリアには生産に適した土地環境があります。

生鮮野菜は、念入りな選別を経て、収穫の直後に加工されます。

ヨーロッパで最も特徴的な野菜の加工品はトマトです。

陽光を浴びて熱くなり、熟したトマトは、洗ってから裏ごしすると、いろいろな料理に使える優れたピューレができあがります。トマトピューレは、世界の料理で最も使用されている材料の一つであり、イタリアから発信されたグルメの文化は、イタリアを世界で有名にしました。

オレンジジュースや他のフルーツジュース

オレンジジュースは、他のヨーロッパを原産地とするナシ、モモ、アンズのフルーツジュースと同じく、健康に良い手軽で卓越した濃縮ジュースです。

オレンジジュースの消費は、世界中で急激な成長を見せていますが、製品の原産地が持つ価値を知ることは非常に重要です。

ヨーロッパ的品質は、厳格な規格と卓越したレベルの原材料が、最終的な品質を保証するべく最も進んだ最新技術モデルを実現している生産様式と結びつくことで実現します。