タロッコオレンジの準備が整い、シチリア島での生産が増加します

オランフリーゼル社のブラッドオレンジシーズンが始まりました。今週、最初の「メイドインイタリー」の収穫がイタリア人の食卓に届きました。アジアと北ヨーロッパは2021年の出荷先になる予定です。新型コロナウイルスとブレグジットが、果物の侵入にロジスティック上の障害をもたらさないことを期待します。オランフリーゼル社は良好な施設を備え、国際的なウニフルッティ・グループの不可欠な部分になりました。イタリア市場の高い需要を満たすためにシシリア島産ブラッドオレンジと柑橘類を提供し、その野心的な視線をヨーロッパの国境を越えて向けるためにグローカルな性質を継続します。世界市場を刺激し、新鮮な果物および搾りたてのジュースの認知度を高める、「ヨーロッパの味の芸術:イタリア産果物および野菜の傑作」を促進するためにCSOが主催する、デジタルイベントが11月に開催されました。

実際、北京、上海、香港、東京がライブで開催するウェビナーに参加している関係国のバイヤーとの輸出に関する活発な対話があります。

お馴染みのように、イタリア人はシチリア島の柑橘類の中で最も最初に熟すブラッドオレンジを最初に味わう最初の人です。ヌチェッラーレと呼ばれ、果肉がわずかに着色した生き生きとした味わいのタロッコ種のオレンジです。適度な熟度とわずかな色素沈着に達した後、12月の第2週に到着しました。大規模な流通の果物・野菜部門で毎年成長するシチリアのブラッドオレンジの期待は、オランフリーゼル社に提供のタイミングを予測するように促したことはありませんでした。果物の高品質を保護し、収穫の準備ができたときにのみお届けできるようにすることがより重要です。

オランフリーゼル社が出荷するすべての柑橘系の果物と同様に、市場に最初に届いたブラッドオレンジには食用の皮があります。したがって、果肉から皮まで、安心して丸ごと食すことができます。タロッコ種ヌチェッラーレ・ブラッドオレンジのに続いて、アントシアニンが最も豊富で、この期間中に果肉と皮の両方で優れた色素沈着を示している最も赤いモロ種オレンジが到着します。モロ種とともに、皮がむきやすく、繊細で甘く、特に子供連れの家族に喜ばれるマンダリンも登場します。黄色の皮と果実が豊富なプリモフィオーレレモンと、新しい柑橘類キャンペーンの最初のナヴェリーナブロンドオレンジは、すでに数週間市場に出回っています。

柑橘類、特にブラッドオレンジは消費習慣において不可欠になりつつあります。今日ではこれまで以上に重要な果物としてあつかわれ、消費者がますます求めているビタミンCの自然摂取にとってその消費は非常に重要です。新型コロナウイルス感染症によってもたらされた障害は、イタリアと北ヨーロッパにおけるオランフリーゼル社の流通を妨げにはなっていません。パンデミックの始まりから今日まで、人員が不足はすることはありませんでした。したがって、ブラッドオレンジの新しいシーズンが後れを取ることはありません。特徴づけるために、カンキツトリステザウイルスの影響で、特に中型サイズからなるより豊富な収穫量となるでしょう。しかし、最も先見の明のあるシチリア島の生産者によって過去10年間に実施された品種革新のおかげで、より大きなサイズの存在さえ保証することが可能になるでしょう。

写真を添付します。このお知らせを広めていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。